1万円でサイト作ります

かたすHPサービス

2-2.なんでもやるけどなんでもするな!

個人経営で失敗してしまう落とし穴が、便利屋にもあります。それは、ひとりだからと、なんでも自分でやってしまうことです。

便利屋は、依頼されたらなんでもやる職業ですが、こと自分の仕事に関しては、自分でなんでもやってはいけないと思います。

自分でやらなくても良いことは、他の人に任せるようにしましょう。でも、最初はお金が無いのだから仕方が無いといわれればそうですし、私も他の人に頼むお金が無いときには自分でしたこともあります。

しかし、立ち上げたあとは、自分の労力はもっとも効果のある仕事に集中すべきです。そうしないと、いつまでたっても、貧乏暇無しの状態になってしまいます。

貧乏暇有りの状態よりもいいですけどね。こんな状態になると、人間何を考え出すか分かったものではないですから(笑)

さて、ある程度仕事が入ってきてからの話を先にするのですが、あなたが最優先ですべきは、お客様の先で最高の仕事をすることです。これに集中してください。

ほかのことは、できるかぎり自分でやらないようにしなければなりません。できるかぎりアウトソースするか、家族に依頼しましょう。便利屋は個人経営といいましたが、ベストは家族経営です!

私の失敗例を話します。まず、電話を常に自分で受けようとしました。しかし、お客様の先で仕事をしている最中に、他からの電話には出られません。留守電の状態になると、まず失注してしまいます。家族や登録スタッフがいない間は、電話代行サービスを使うのも一つの手だと思います。

メールでの問い合わせをしやすくする工夫もありますが、これは一長一短があります。電話のほうが受注したすい場合も多いからです。できるかぎり、お客様の望む形で問い合わせを受けられるようにしてあげてください。

自分の都合で、問い合わせの手段や方法を限定してしまうと、お客様は敏感に反応します。

自分の都合ではなく、お客様の都合に合わせるべきでしょう。

ABOUT THE AUTHOR

喜泉堂
キッズプログラミングの記事を担当している、当サイトの運営・管理人です。京都の町家に住んでいます。夫婦と息子(3歳)の三人暮らし。個人で3つのサイト運用をするかたわら、Webコンサルティングやコンテンツ作成アドバイスをしています。話を聴くことと、コーチングが得意です。好きなものは、自然、海、温泉、動物、見知らぬ街。世界中を旅したい!
Return Top