1万円でサイト作ります

かたすHPサービス

戦略的ホームページ活用

Category
4.さいごに 〜 小さいことのメリット
1427

4.さいごに 〜 小さいことのメリット

フリーランスや自営業、商店主、個人事業者、小さな会社の「強み」は、小回りがきくことでしょう。フットワークが軽く、素早く動き、時代の流れに合わせて変化することができます。そのような意味で、ネットを活用したビジネスには向いているのかもしれません。
3−6.ホームページ作成までの流れ
1568

3−6.ホームページ作成までの流れ

ホームページを作成するまでの大きな流れは、「1.ドメイン取得とサーバーの契約・初期設定」「2.ITツール(例えばWordPress)とテンプレートのインストール」「ページ文章の作成」といった感じです。慣れれば、数日で作成可能でしょう。
3−5.ホームページの表示速度
1407

3−5.ホームページの表示速度

ホームページの表示速度は、顧客を逃さないためにも、検索エンジンからの評価を高めるSEO対策としても重要です。利用するITツールと、レンタルサーバーのバランスを考慮して、ホームページ作成をしましょう。
3−3.その他のツールやサービス
1453

3−3.その他のツールやサービス

最近では、ブログにもビジネス向けで使えるサービスが増えてきました。有効で広告非表示にしたり、会社サイトで必要なメニューページ機能を備えています。これらのサービスを利用して、手軽にホームページ作成をするのも良いでしょう。
3−1.ホームページ作成のポイント ~ 実践ホームページ作成
1462

3−1.ホームページ作成のポイント ~ 実践ホームページ作成

WordPressなどのITツールを使えば、自分で簡単に作れるだけでなく、優れたホームページを作ることができます。ユーザビリティやアクセシビリティが考慮され、かつデザイン性に優れたテーマ(デザインテンプレート)が無料・有料で提供されています。
2−5.Web戦略実現のため、じぶんで作成ろう
1353

2−5.Web戦略実現のため、じぶんで作成ろう

ホームページ作成を自分でするメリットは、費用がかからないというコストの話だけではありません。決定的なメリットは、自分で作成したほうが、ホームページの活用に成功する可能性が高いということです。少なくとも、コンテンツ文章の作成には、参加しましょう。
2−4.ホームページリースって悪徳?
1548

2−4.ホームページリースって悪徳?

ホームページリース契約は、ちょっとグレーな部分があります。制作費はリースできませんので、ソフトウェア等がリース対象になるのですが、実質的には制作費が大部分だからです。またリースの場合、ホームページの所有者はリース会社で、あなたではありません。悪徳な商売に利用されがちなので注意しましょう。
2−3.制作会社に依頼したらいくら?
1392

2−3.制作会社に依頼したらいくら?

ビジネスサイトの場合、一般的なWeb制作会社で20万~40万円くらい(個人なら15万程度)が相場のようです。企画によっては100万円以上することもあり、値段もサービス内容もピンきりですが、高ければ良いわけではありません。作ったホームページがどれだけ商売に貢献するかです。
2−2.ホームページは自分で作れる?
1424

2−2.ホームページは自分で作れる?

前はホームページ作成にITのスキルと知識が必要でしたが、最近では便利で使いやすいツールの登場により、ワープロ感覚でホームページが作成できます。修正や更新などのホームページ運用も、ツールで簡単にできてしまいます。オススメはWordPressです。
Return Top