1万円でサイト作ります

かたすHPサービス

便利屋開業物語( 2 )

Category
3-2-6.顧客があなたに依頼する秘密
1569

3-2-6.顧客があなたに依頼する秘密

「お客様の問題を解決してあげる」ことが、あなたに依頼をしてくれる、つまり財布の紐を解いてくれる魔法の処方箋です。「ここに頼めば、こう解決できるな」とイメージしてもらえるホームページを作りましょう。
3-2-4.サイトの温度
1605

3-2-4.サイトの温度

人間は感情の生き物なので、「買おう」とか「申し込むぞ」というタイミングがあります。サイトの温度は、ここに達したらお客様が申し込みをするという沸点です。
3-2-3.サイトの流れ
1551

3-2-3.サイトの流れ

デパートの売り場では、お客様を誘導する流れを、お店のレイアウトで作っています。ホームページにも同様に、広告や検索エンジンからサイトへの流れ、文章の流れ、クリックの流れ、目の流れ、などを意識して作りましょう。
3-2-2.サイトの目的
1467

3-2-2.サイトの目的

ホームページにはそれぞれ、やってもらいたい仕事があります。サイトの目的をはっきりさせると、どのようなホームページを作成すべきか、明確になってきます。
3-1-10.SEOで絶対的優位を
1465

3-1-10.SEOで絶対的優位を

SEOとは、Search Engine Opimization(サーチエンジン最適化)のことです。ホームページを正しく検索エンジンに理解してもらうことと考えるのが良いでしょう。検索結果を操作する(上位にする)という考え方は危険です。
3-1-9.アフィリエイト広告の考え方
1530

3-1-9.アフィリエイト広告の考え方

アフィリエイトは成果報酬の仕組みです。広告によって売り上げが上がったら、その何パーセントかを広告主に支払う方法です。どのように便利屋の受注に結び付けるかはアイデア次第でしょう。
3-1-8.ネットビジネスの利益計算
1692

3-1-8.ネットビジネスの利益計算

インプレッションとPPCの二つの広告について、簡単な利益計算をしてみましょう。便利屋のネット集客において、費用対効果はどのようになるでしょうか?
3-1-7.PPC広告
1688

3-1-7.PPC広告

PPCとは、Pay-Per-Click の略です。広告がクリックしたときにだけ広告料を払えば良い、クリック課金型広告です。無駄がない広告なので、ホームページを立ち上げたばかりでアクセスが少ない頃は、PPC広告を検討するのもよいでしょう。
3-1-6.インプレッションモデル
1551

3-1-6.インプレッションモデル

インプレッションは、広告がインターネット利用者の目にとまった数です。広告を見た人が200人いたら、200インプレッションという訳です。このモデルは、従来の広告とあまり変わりません。ネットの広告が真髄を発揮するのは、クリック課金型広告です。
Return Top