1万円でサイト作ります

かたすHPサービス

1-2. フリーエージェントの時代

フリーエージェント (free agent) は、組織に雇われない働き方をする人々のことです。
アメリカでは労働者の四分の一がこの働き方を選び、主にインターネットを使って自宅で仕事をしています。もちろん、プログラマなどネットを使って仕事をするIT系の人達だけが、フリーエージェントではありません。日本で仕事の多い一般サービス業でも、自由に働けます。

日本でも、これからフリーエージェントとして働く人が増えていくでしょう。それは不景気の問題だけではありません。ネット社会の本格普及、それにともなうサービスのあり方、企業の存在価値、業務の内容や進め方の変化、現代人のライフスタイルや価値観の変化、など様々な要因が重なっています。
歴史的な観点から言えることは、欧米の先進的なスタイルは、やがて日本にもやってくるということです。

このような働き方を実践しているフリージャーナリストの佐々木俊尚さんは、著書「仕事するのにオフィスはいらない」で次のように書いています。

正規雇用が消滅していき、すべての人が契約社員やフリーランスとなる社会へ。
会社に頼っていればなんとかなった時代から、自分自身で人生を切り開かねばならない時代へ。

心構えがまだ出来ていない人は、この本を読んでみることを推奨します。

ABOUT THE AUTHOR

喜泉堂
キッズプログラミングの記事を担当している、当サイトの運営・管理人です。京都の町家に住んでいます。夫婦と息子(3歳)の三人暮らし。個人で3つのサイト運用をするかたわら、Webコンサルティングやコンテンツ作成アドバイスをしています。話を聴くことと、コーチングが得意です。好きなものは、自然、海、温泉、動物、見知らぬ街。世界中を旅したい!
Return Top