1万円でサイト作ります

かたすHPサービス

便利屋のネット集客にソーシャル(SNS)は向いているか?

まず基本として、ソーシャルを攻略するには、

  • ツイッターならツイッターユーザーが欲している情報を投稿すること
  • FacebookならFacebookユーザーが欲している情報を投稿すること
  • InstagramならInstagramユーザーが欲している情報を投稿すること

です。
これらは、それぞれ違います。ホームページで必要とされる情報とも違います。

もちろん『連携』は大事ですので、ハブとして機能させるホームページと各SNS(ツイッター/facebook/Instagram)の連携機能は設定します。

ただ、ブログ投稿した記事を、自動でツイッターやFacebookに流しても、それが面白いコンテンツ(SNSユーザーが求めているコンテンツ)でなければ、
それほど効果が高いとは思えません。(それでもやらないよりはやったほうがマシだとも思います。)

やはりソーシャルならではのコンテンツを投稿していく必要があるでしょう。

私が現役で便利屋を経営していた頃はソーシャルは無かったので未経験ながら、机上の空論で個人的な考えを述べるならば、便利屋(ましてやゴミ屋敷や汚部屋)はソーシャルとは相性があまり良くなのではと思っています。

何故かと言うと、依頼者にとって便利屋にお世話になったことは、あまりオープンにしたくない情報が多いと思われるからです。

ソーシャルはシェア(イイねとかリツイートとか)をしてくれないと回って行かないのですが、例えば汚部屋の片付け方の話題なんて、シェアしたいですか?

それよりもオシャレなインテリアの話題とかシェアしたいでしょうし、感動した話とか、ユーモアな話とか、為になる話などをシェアしたいでしょう?

何故かと言うと、そうしたほうが「自分を上手に演出できる」からです。この辺の心理を掴んで、ソーシャルを攻略していく必要があると思います。

もちろんこれは、頭のなかで考えていることなので、もしかしたら便利屋にも上手いやり方があるかもしれません。

確かにいまや検索エンジンよりもソーシャルの時代ですから、自分で答えを探すために、ソーシャル集客にチャレンジしてみるのは良いことだと思います。ソーシャルで回るようになれば、便利屋への依頼が安定することは間違いないですし。

とはいえ、ソーシャルは本当に手間隙がかかり、マメさが大切だと思います。リアルタイム性も必要ですね。

私自身はズボラな性格で、なるべく目の前のお客様に時間と労力を使いたいと考えてしまうので、あまりSNS向きではないんです。。。(汗)

ABOUT THE AUTHOR

喜泉堂
キッズプログラミングの記事を担当している、当サイトの運営・管理人です。京都の町家に住んでいます。夫婦と息子(3歳)の三人暮らし。個人で3つのサイト運用をするかたわら、Webコンサルティングやコンテンツ作成アドバイスをしています。話を聴くことと、コーチングが得意です。好きなものは、自然、海、温泉、動物、見知らぬ街。世界中を旅したい!
Return Top