1万円でサイト作ります

かたすHPサービス

チラシ処女作のリーフレット(私の原点)

チラシ処女作でーす
初チラシ1枚目
初チラシ2枚目
初チラシ3枚目
初チラシ4枚目
初チラシ5枚目
初チラシ6枚目

チラシというか何というか…、出来ることや好きなことを、ただ書いただけ。

こんな手作り丸出しの個人的なチラシで、依頼が来たかって?

もちろん来ましたよー。

私の最初の依頼は、実家に帰る帰省の為の粗大ゴミの運び出し。お客様と一緒に汗だくになって、粗大ゴミを集積場まで運び出しました。次の仕事は、ソファの移動。一人じゃ無理な大きなソファだったので、友達に応援を頼んで、2階から一階のリビングまで運びました。三回目の依頼は、庭の草むしりと枝払い。ひたすら草を取り続けました。四回目の依頼は、ベランダの片づけ。手入れができず枯れてしまった植木鉢やプランターの処分でしたが、土をどこに捨てていいか分からず、清掃局の人に電話したりして半日も掛かってしまいました。「あなた、ほんと不器用で手際が悪いわね〜。これから頑張ってよ!」と応援のお言葉を頂いたのを今でも覚えています。中には、このチラシを電話口に取っておいてくれて、引越しする時に「ようやく依頼することができました!」といって仕事をくれたおじいさんもいました。(当時の私を支えてくれた●町●丁目の皆様、本当にありがとうございました!)

ね? 自分の出来る“お役立ちリスト”を書いて、教えてあげるだけ。難しくないでしょう?だれでも「お役に立ち隊や」になれる証拠です!

私やあなたが出来ることや好きなことは、きっと誰かのお役に立ちます。あなたには、簡単に当たり前のように出来ることでも、他の人にとっては出来なかったり苦手だったり、お金を払っても依頼したいと思うことだったりするのです。

いま作ったのなら、このようなチラシにはもうならないかもしれません。でも、初めて作ったチラシなだけに、とっても純です。(私にもこんな時代がありました^^;)

もちろん、このチラシのほかに、業者さんやフランチャイズの便利屋さんの立派なチラシがお客様のポストには入っていました。では何故お客様は、便利屋とは到底言えない、何もできない素人の私のチラシを選んでくれたのか?それはこのチラシが、私個人として、地域にお住まいの生活者の皆様に、私の言葉で語りかけているからだと思います。

私個人と、私が出来ることの内容に、お客様が興味を持ってくださった。だから、お客様からご連絡をいただくことができたのでしょう。あなたが出来ることや好きなこと,得意なことが、他の誰かのお役に立ち、仕事となる。素敵なことだと思いませんか?

ABOUT THE AUTHOR

喜泉堂
キッズプログラミングの記事を担当している、当サイトの運営・管理人です。京都の町家に住んでいます。夫婦と息子(3歳)の三人暮らし。個人で3つのサイト運用をするかたわら、Webコンサルティングやコンテンツ作成アドバイスをしています。話を聴くことと、コーチングが得意です。好きなものは、自然、海、温泉、動物、見知らぬ街。世界中を旅したい!
Return Top