1万円でサイト作ります

かたすHPサービス

お役に立ち隊やのススメ

お役に立ち隊やの依頼内容です。

あなたは、この願いに答えてあげられますか? いくらで引き受けられますか?

もしあなたが、1,500円〜2,000円で引き受けられるなら、あなたは「お役に立ち隊や」を始めることができるでしょう。

「お役に立ち隊や」になる。

自分で新しい何かを始めてみようと思ったら、お金もスキルも知識も不要ですぐに始めることができる、お役立ち商売です。

お役に立ち隊やの存在価値

みなさまの「お役に立ち隊や」とは?

暮らしの中での、”ほんのちょっと”したことを、ほんのちょっとお手伝いするサービスです。

  • 病院の窓口に行って予約をし、診察室まで付き添って欲しい。
  • ほんのちょっとおつかいに行って、そのあとにゴミを出してきて欲しい。
  • 高齢の両親が駅に着くので、迎えに行って連れてきてほしい。
  • パソコンで沖縄の特産品を買いたいので、やりかたを教えてほしい。
  • 毎週一回、うちに来て1〜2時間くらい本を読んで欲しい。
  • 仕事で都合がつかないので、代理で学校行事/PTAに参加してほしい。
  • ベッドのネジが緩んでしまったので、ちょっと締めなおしてほしい。

じつは、このような依頼は、便利屋さんにときどき問い合わせのある依頼です。

でも・・・

便利屋さんでは、商売を考えると最低でも時間単価3,000〜4,000円以上は、事業経営のために必要となってしまい、なかなかお手伝いできないのが現状です。(実は私も以前、便利屋を開業していました。)
このように、介護保険では受けられないサービス、家事代行や便利屋などの業者でも引き受けることのできない御要望は、どうしたらよいのでしょう?

もし・・・

個人の方が、個人の方に、直接サービスを低価格で提供できたとしたら!  あなたがそれをできたとしたら!!
そんな小さな、ささやかニーズにお答えできるのが、ほんのちょっと皆様の「お役に立ち隊や」なのです。

「お役に立ち隊や」のメリットとは?

それは、「お役に立ち隊や」が、”業者”や”組織の人”としての活動ではない、個人としての活動であることです。

あなたが、地域で生活している個人だから、安心できる。お客様と、人と人との付き合いが出来る。家族や親戚、知人・友人ではなく、業者や組織・行政のサービスでもなく、他人という気軽な存在でありながら、同じ一生活者として依頼を引き受けてくれる個人としての存在。

少子高齢化が進み、隣人縁組の関係が希薄になり、お年寄りでさえも一人暮らしの多くなった今の日本で、これまでになかった新しい存在。それは社会から求められ必要とされている存在であり、個人の新しい取り組みであると思います。

「お役に立ち隊や」サービスのまとめ

お役に立ち隊やの依頼内容

どうやったら「お役に立ち隊や」になれるの?

いますぐ、”「お役に立ち隊や」になる!”と宣言してください(笑)
特別な資格は必要ありませんが、報酬をもらって利益を得たら、確定申告が必要となります。

どこで仕事をするの?

あなたがお住まいの地域が、あなたの営業エリアになります。作業場所は、お客様先が多いですが、依頼内容によります。

どんな仕事をするの?

ほんのちょっとした家事・雑事のお手伝いが、主な依頼内容となります。

男性の方は、家具や物を運んだり、荷物を運搬したり、背の高い電球を取り付けたり、誰にでもできる部屋の修理やメンテナンス、ゴミ出しや部屋の片付け、整理整頓、各種代行、犬の散歩、場所取り、墓掃除、その他、力作業など。

お役に立ち隊やの依頼内容

女性の方は、家事手伝い、掃除、洗濯や料理、おつかい、買い物や各種代行、部屋の片づけや整理整頓、お話し相手、ちょっとした作業の手伝い、病院への付き添いや順番取り、予約やチケット代行、墓参り、その他の家事サポートなど。

その他、あなたが出来ることや好きなこと,得意なことなど、どんな事でもサービスメニューにできます。

どうやって仕事を取るの?

二つの方法があります。

1.インターネットから依頼を受ける。

いまやインターネットで情報を検索し、問い合わせをしたり注文したりすることが一般的になってきました。今後もますますその流れは加速するでしょう。
ホームページを作成し、ブログで情報発信をしましょう。更に、ツイッターやFacebookを活用できればなお良いですね。

通常、ホームページ作成を外注すると、どんなに安くても3万円〜でしょう。(Web制作会社に依頼すると、10万円以上です。)
しかしWordPressを使えば、お役に立ち隊や向けのプログ機能付きホームページが自分で作れます。ホームページ作成の知識がなくても、メールが書けるレベルであれば、自分で修正・更新やサイト運営ができるようになります。
ホームページは、これから商売をする上では、必須のツールです。この機会に、扱えるようになっておきましょう。
(注意:ホームページを運営するためにはレンタルサーバーを借りる必要がありますが、広告が表示されても良ければ、無料サーバーで始められます。)

お客様は、自分の住所から一番近い「お役に立ち隊や」を選ぶ傾向にあります。なぜなら、近いほうが安い値段で引き受けられるし、地元の方という安心感があるからです。
逆に言うと、一番近所のお客様から、あなたが選ばれることが多いということです。そのほうが、効率的で嬉しいですよね!

2.チラシから依頼を受ける。

高齢者から依頼を受けるのは、チラシからのほうが効果的です。チラシは、即効性があります。
どんなチラシを作ればいいのか?どうやってチラシを印刷・配布すればいいのか?
そのノウハウは記事に記載されており、誰でも10分程度でチラシが作成できます。
また、紙代・インク印刷代込み(全て込み)で、1枚1円以下という格安料金でチラシ作成をする方法をお教えします。
チラシでの集客が、すぐに反応があり、一番効果が高く、受注に結び付きやすいでしょう。

お客様は誰?

チラシで依頼が来るのは、多くがお年寄りです。
日本は今、他の先進国でも類を見ないスピードで急速な高齢化が進んでいます。

なんと、女性の4人に1人、男性の5人に1人が高齢者なのです。
そしていま、一人暮らしのお年寄り(おひとりさまシニア)が増えています。

10年後には600万人超といわれるおひとりさまシニアですが、内閣府「平成20年版高齢社会白書」によると、一人暮らしの高齢者の意識調査では、日常生活における心配ごとがある人は63%で、そのうち「頼れる人がいない」と回答した人は30.7%にも及んでいます。時間や資産がある一方、何かと気力・体力の衰えによる不自由さや精神的な不満足感を抱いていることを感じさせます。そんなおひとりさまシニアが満足し、喜ばれるサービスを提供することで”一人暮らしのお年寄りの頼れる人になる”のが「お役に立ち隊や」なのです。

インターネットからは、仕事で忙しい女性やシングルマザー、悩みを抱えた人、家事や片付けが苦手な人など、さまざまな人からの問い合わせがあります。「いますぐお願いしたい!」という依頼が多いのも特徴ですが、必要に迫られて依頼をしてきているので、受注率も一般的に高くなっています。

見積もりはいくらにすればいいの?

あなたが自由に価格設定できます。
依頼の内容や掛かる時間にもよりますが、一回 1,500円〜2,000円(あるいは時給1,000円)くらいが妥当と思います。

お問い合わせが来たら、まずはどうしたらいいの?

お電話での受け答え方法や、メールの返信方法などは、このカテゴリの記事で紹介しています。
便利屋時代に実践し、実績のあるノウハウですので、ご安心ください。

もし、自分で出来ない依頼がきてしまったら?

専門的技術の必要となる仕事や、資格/事業登録が必要な相談を受けた場合は、専門サービスを紹介すれば問題ありません。よい業者さんを紹介してあげれば、お客様にも業者様にも喜ばれ、あなたの株が上がるでしょう。
あるいはもしあなたがそれを受注をすることができるなら、まず受注してしまって、その作業を外注の業者さんに出すことで、利益を得ることもできます。
あるいは、問い合わせが多い場合は、近所の便利屋さんと提携を結んで、仕事の紹介料を頂くことも可能でしょう。

トラブルやクレームの対処法は?

トラブルにならないための事前の処方が最も重要です。この方法についても、記事で紹介しています。

副業でできますか?

はい。副業や、主婦の方の副収入の仕事に適しています。
余暇を活用したい。ほんのちょっと収入を増やしたい。人に喜ばれる仕事がしたい。そんな方に向いています。

自営業として開業するということですか?

はい、そうです。
手軽さは、インターネットでアフィリエイトを始めるのと同じくらい簡単ですが、ネットビジネスと違い「大成功したら大儲け!」となるような商売ではありません。しかしアフィリエイトの場合は、ネットで日本全国のライバルを相手にしなければなりませんので、成功確率は非常に低く、ほとんどの人が無収入あるいは数百円の儲けでしょう。

「お役に立ち隊や」の場合は、あなたがお住まいの地域というライバルのいない小さな小さな商圏で、コツコツと地域密着で活動することで、誰でもそれなりの結果を出しやすい商売です。

人のお役に立つこと、笑顔で喜んでもらうこと、”ありがとう”と直接感謝されること。

そんなやりがいのある、社会貢献度の高い仕事でもあります。

「お役に立ち隊や」のビジネスまとめ

お役に立ち隊やのビジネスモデル

「お役に立ち隊や」 開業に関する記事一覧

はじめに 〜 お役に立ち隊やとは?

第一章
1.「お役に立ち隊や」の理念
2.売り込まず、喜ばれる集客作法
3.まず初めにすること
3−1.集客の実際
3−2.ネットからの集客
3−3.リアルからの集客
3−3−1.1枚1円チラシの発注方法
3−4.ブログからの集客
3−4−1.文章が書けないとお悩みの方へ
4.電話やメールの問い合わせ対応
4−1.電話での問い合わせ対応方法
4−2.メールでの問い合わせ対応方法
5.作業の実施方法
6.代金の回収について
7.トラブルの対処法
8.最低限の事務・経理

第二章
2−1.「お役に立ち隊や」 過去の恥ずかしーチラシ集
チラシ処女作のリーフレット(私の原点)
あまりに恥ずかしくて配れなかった幻のチラシ
パソコンサポート関連のチラシ
草むしりは戦いのチラシ
絞り着物お誂えのチラシ
美味しいものお取り寄せのチラシ
初仕事を頂いたご報告のチラシ
健康のためウォーキングのチラシ
落ち葉掃除と過去の事例紹介チラシ
雨の日はやさしくなるチラシ
病気になりたくてもなれないチラシ
心に残った仕事の紹介チラシ
なかなか御挨拶できないチラシ
御用聞きのチラシ
自分ができる「お役立ちリスト」チラシ

2−2.「お役に立ち隊や」 ちょっと深ええエピソード集
私の初仕事。実家に帰って商売を立て直すという逞しい女性の奮闘記
初めてのゴミ屋敷。御依頼者が頑張ってノイローゼを克服し社会復帰
音痴なのに!!!クリスマスのピアノ演奏で楽譜めくりをする便利屋
一体どーやって片付けたらいいの?コスプレの服をひたすら整理整頓
毎週土曜日。母と子の幼児教育学校の送り迎えをBMWでするの巻
毎朝6時半。桜の木の落ち葉掃除でリピート依頼が次々と・・・
旦那様との思い出いっぱい。箱根の別荘におばあちゃんと二人きり
PTAの見回りや小学校の保護者会。男一人で参加する便利屋の姿
法隆寺の模型制作。参考作成時間が250時間!時給百円の仕事〜
御結婚おめでとう!片付けができるようになってお嫁に行ったお客様

終わりに

「お役に立ち隊や」で、学びの人生

「お役に立ち隊や」の活動をしてみることで、あなたは次のようなサービスの基本が勉強できます。

  • どうしたらお客様に選ばれて、仕事を戴けるようになるか
  • 自分が儲ける(売り込み)ではなく、皆様のお役に立つことで喜ばれる集客作法
  • 価格競争ではなく、価値(楽しみや喜び、悩み解決)を提供するサービスの作り方
  • あなたの好きなことや得意分野で、人のお役に立ち、楽しさや幸せを与える営業
  • お客様が、あなたを必要としてくれるようになるリピート術

これらは、業種や職種を問わず役に立つ商売(ビジネス)の方法であり、あなたの一生のキャリアアップに繋がります。

    ”働く”とは、人のために動くこと。    ”仕事”とは、事に仕えること。

「私たちがお給料をいただける理由は、人のお役に立っているから」というきほんの基本にもう一度立ち返り、
”集客 → サービス → 顧客化”という商売の流れを再構築することが、「お役に立ち隊や」で実現することができます。

【喜ばれる集客作法とは?】
自分の儲けの為ではなく、生活者のお役に立つことで、楽しさや幸せを提供し、喜ばれて御縁をいただく集客作法です。

すでに自分で商売を始めている人にも、あるいはこれから始めたい、いつかは自分のお店を持ってみたいという方にも、あるいはサービス業の会社に勤めている方や営業職の方にも、とても役に立つ方法です。

例えばカフェやレストラン、居酒屋を経営していたり、花屋や八百屋をしていたり、スーパーやコンビニを経営していたり、床屋や美容院、エステサロンを開いていたり、リフォーム業や引越し屋、便利屋などをしている方に、売り込まずに集客する新しい顧客開拓のルートを提供します。
「どうしたらお客さんが来てくれるだろう?」そんな悩みを解決する方法として、まずは本業の商売から少し離れ、お客様のお役に立つことで喜ばれて集客し、最初の仕事や依頼をいただき、「お役に立ち隊や」として、お客様と仲良くなることであなたの本業のお客様にもなっていただくという、”売り込みを一切しない営業”をすることができます。

お役に立ち隊やの存在価値

他に頼らず、自分で仕事をクリエイトする

不況の世の中が続いています。いや、きっと多分この状況が、これからの時代では標準なのでしょう。会社や政府が、私たちの人生の最後まで面倒をみてくれる時代では、もうありません。

このような現代社会を、生き抜くために必要なことはなんでしょうか?
もしあなたが、他に頼らず(雇われることなく)、自分の力で仕事をクリエイトすることができたら。その仕事は、人に喜ばれ、笑顔で「ありがとう」と言われて、謝礼を頂戴できる仕事だったとしたら!

自分を最後に助けてくれるもの。それは、他に左右されることなく、

「人のお役に立ち、その謝礼としてお金を頂戴することを、自分自身で達成する力」

ではないでしょうか。つまり、あなたが本当に独立するということです。これは、自由であり、自らの身を助くものです。

日本は、モノが豊かな国になりました。その反面、こころの豊かを失くしてしまったように感じます。商売やサービスは、”ないもの(必要とされるもの)”を提供すればいい。そう考えると、とてもシンプルです。これから必要とされるのは、明らかにモノではありません。それは、こころの温かさや豊かさを感じられるサービスなのではないでしょうか。そしてそれこそが、お役に立ち隊やの提供するまごころサービスなのです。必要とされているものをシンプルに提供すれば、商売は必ずうまくいくものです。

「ありがとう」の感謝を貯金

「お役に立ち隊や」のサービスは、地道にコツコツと続けていくことで、お客様から信頼され、あなたの将来をほんの少し安定させることに役立つものです。

1.自分の未来の為に、ほんのちょっと収入を増やして貯金すること。その方法を自分自身で身につけること。

2.人に喜ばれ、感謝されるサービスを提供することで、将来の自分のために「ありがとう」を貯金すること。

例え、会社が倒産したりリストラにあって失業しても、年金が減って生活が困難になったとしても。雇われることなく、なんとか自分で少しでも収入を得る術を身につけておくことは、現代社会で生き抜くサバイバル術を習得することでもあります。
そして将来、「お役に立ち隊や」で得た”ありがとう”という感謝と出会いの数々、そしてその笑顔がもたらす人付き合いの恩恵が、きっとあなたを救ってくれます。

あなた自身の力で、人に喜ばれ役立つ仕事を提供すること。その活動の中で、少しずつお金と感謝をコツコツと積み上げ、人と人との良い付き合い関係を築いておくこと。将来に渡って、あなたの真の財産となりえます。

お年寄りだって、楽しみたい!

日本の平均寿命は、女性86歳・男性79歳となりました。

年金に頼って生活しているお年寄りは、これから先も長生きすることを考えると、なかなかお金を使うことができません。ましてや、振り込み詐欺やオレオレ詐欺、他にも悪徳商法などがはびこり、特にお年寄りは安心して生活していけない世の中です。高齢者の貯蓄率が極端に高い日本ですが、巨大マーケットといわれて久しいシニア市場は固く閉ざされたままです。

でも、本当にそんな世の中で良いのでしょうか?

お年寄りだって、残りの人生を、もっともっと楽しみたいはずです。あの世やお墓の中まで、お金や資産を持っていくことはできません。
一人暮らしのお年寄りが、いま本当に求めているもの。それは、お金や資産ではありません。

それはきっと、人との触れ合いや笑顔の出会い、人と人とが語るなまの言葉、生きていることが実感できるひととき、心からの笑いや笑顔の挨拶などではないでしょうか。
そんなおひとりさまシニアの想いに答えられるのが、「お役に立ち隊や」だと思います。

高齢者に喜びや幸せを提供し、それによって若い世代がお金を頂戴し、日本経済に還元する。
私たち一人一人ができる、いや、ひとりひとりだからこそできる、日本を景気回復に導く経済効果だと思います。

たとえ、ひとり一人の貢献は小さなものでも、ひとつひとつの金額は少ないものでも、多くの人が「お役に立ち隊や」のような取り組みを行えば、それが大きな力となる。私たち一人一人の力で、世の中はきっと良くなっていくのだと思うのです。

ABOUT THE AUTHOR

喜泉堂
キッズプログラミングの記事を担当している、当サイトの運営・管理人です。京都の町家に住んでいます。夫婦と息子(3歳)の三人暮らし。個人で3つのサイト運用をするかたわら、Webコンサルティングやコンテンツ作成アドバイスをしています。話を聴くことと、コーチングが得意です。好きなものは、自然、海、温泉、動物、見知らぬ街。世界中を旅したい!
Return Top