1万円でサイト作ります

かたすHPサービス

外国人観光客を自宅に招いて食卓を囲むNAGOMI VISIT

NAGOMI VISITは、いつも家で食べている料理で、外国人観光客(ゲスト)を自宅でおもてなすホームビジットです。

インターネットでNAGOMI VISITのことを知り、さっそくホスト登録をしてみました。

NAGOMI VISITに申し込んだきっかけ

じつは、子供がもう少し大きくなったら海外のホームステイを受け入れたいと考えていたんです。しかしまだ三歳なので、まだちょっと早い感じです。Airbnbも検討しましたが、宿泊先を提供してお金を得るのが目的ではなく、世界中の旅人とのコミュニケーションが目的です。
と、色々ためらっていた所、我が家にピッタリのNAGOMI VISITを知ったのです。

世界中の人達とコミュニケーションをすることで、子供の視野が広がっていくことを期待しています。

NAGOMI VISITのシステム

nagomi-visit03

  1. ゲスト(外国人旅行者)が、ホームビジットしたい地域をリクエストする
  2. 受け入れ可能なホストが手を挙げる
  3. その中から、訪問したい先をゲストが選ぶ

という流れです。
ゲストのプロフィールと日程を確認し、受け入れたいと思ったホストが手を上げて、その中からゲストが選ぶという形なので、どちらにも選択権があります。

ホストがゲストを受け入れる際には、一人あたり1,500円の食材費が提供されます。ただし受け入れは、月に最大2回までとなってます。あくまでも交流が目的だからです。

万が一、ゲストが食中毒になってしまった場合などのために、ホストはボランティア保険に加入する必要があります。これは、登録料(年会費)に含まれており、自動的に加入する仕組みです。

予約が確定したホストとは、メールやFacebookでやりとりが出来るようになります。

おもてなしをするための最低限の英語力は必要ですね。

ホームビジットには、どんな人が来るの?

nagomi-visit02国別で言うと、アメリカ人が圧倒的に多いようです。次にオーストラリア。英語圏からの旅行者に知られているサービスだからかな?
個人的には、ヨーロッパや南米、アフリカなど世界中の旅人と出逢ってみたいです。

nagomi-visit01年齢は20代〜30代が多く、友達同士やカップルが多いようです。40代の家族連れも31%ありますね!是非、子供と一緒にファミリーで来て欲しいです。

京町家で「おもてなし」

我が家は、京都にある古〜い町家です。
kisendo5築年数は不詳ですが、昭和初期とも大正末期とも言われている京町家。中庭のある純和風の居間で、ゲストを迎え入れられます。近所のお豆腐やさん(大徳寺豆腐)が美味しく、京都のおばんざいなどを夕食に出したいと思っています。

西陣の紫野という地域は、昔ながらの京の街並みと暮らしが残っており、裏路地を散歩すれば、はたを織る音も聞こえてきます。近くには大きなホテルや旅館はありませんがゲストハウスは多く、和菓子の有名店がたくさんあります。目の前に船岡温泉があり、大徳寺などの観光名所も歩いてすぐ。金閣寺も近いです。

子供連れの外国人家族に来て頂きたいなぁと思っています。幼児の頃から世界中の人達と触れ合うことは、うちの子にとってもきっと良い体験になるはず。
楽しみです。

1411

ABOUT THE AUTHOR

喜泉堂
キッズプログラミングの記事を担当している、当サイトの運営・管理人です。京都の町家に住んでいます。夫婦と息子(3歳)の三人暮らし。個人で3つのサイト運用をするかたわら、Webコンサルティングやコンテンツ作成アドバイスをしています。話を聴くことと、コーチングが得意です。好きなものは、自然、海、温泉、動物、見知らぬ街。世界中を旅したい!
Return Top