1万円でサイト作ります

かたすHPサービス

飲食店を成功させるコツは?

食べ物屋のKFS(成功主要要因)は、やはりなんといっても「味」です。

私の身近な事例でいうと、近所で最近開業したお店は、週替わりで数量限定のワンメニューでランチのみの営業です。

素材にこだわりぬいて、京野菜中心の健康食。売り切れたらおしまいなのですが、オープンして暫くすると、「ランチ終了しました〜」とツイッターでアナウンスが流れます。オープンと同時に、あっという間に人気店です。

奥さんが料理とお店を切り盛りし、旦那さんは完全裏方。二人でやっています。(旦那さんは別の仕事を本業でしてるみたいです。)いまは子育て&妊娠中(!)だとのことで、ランチ営業のみで、ゆくゆくはカフェ営業もするのだとか。

このように、お金掛けずにのんびりやってくスタイルのほうが、成功はしやすいかなと思います。
辞めなければ失敗しないわけですし(笑)

もうひとつ、私がちょうど京都へ来た頃に開業した近所の中華料理店があります。このお店、場所が悪いため最初の一年は全くダメダメで、すごく苦労されていました。けれど、料理はすごく美味しいし、夫婦(で2名体制)の人柄は良いしで、私は中華を食べるときはいつもココで、超お気に入りでした。でも、いつ行ってもお客さんいなくて貸切状態なのです。ほんと、味はピカイチなのに。そのことが知られていないんです。

しかし、ここの経営者は、時間かけてチラシ撒きとツイッターとフェイスブックで地道に営業を続けました。時には、「どんなに味が良くても、どんなにサービスが良くても、広告が出せないとやっぱりダメだ…」とつぶやくこともあった店長ですが(お金ないので広告だせない)、なんとかかんとか営業を続けて、2年目の後半にようやくフェイスブックが賑わってきました。そうして3年目になって、リピーターだけでなんとか回せるようになってきたのです。場所が悪いのでふらっと入ってくるお客が全くいない店だけど、ホントよく頑張ったと思います。

勝因はなんといっても「続けたこと」。それに尽きると思います。

この事例で思ったのは、真面目に営業していった場合、認知されるのに2~3年は必要だと思いますし、このようにして時間をかけて蓄積された信頼って、やっぱり頑丈なんだと思います。

続けていけば、いつかチャンスにめぐり逢えるかもしれません。成功は、運やタイミングも必要なのです。だとしたら、その運やタイミングを掴むチャンスを増やすために、負けない経営をして、続けることも大切と思います。続けていくうちに、学び、成長し、上手になって、やっていけるようになることもあるからです。

ABOUT THE AUTHOR

喜泉堂
キッズプログラミングの記事を担当している、当サイトの運営・管理人です。京都の町家に住んでいます。夫婦と息子(3歳)の三人暮らし。個人で3つのサイト運用をするかたわら、Webコンサルティングやコンテンツ作成アドバイスをしています。話を聴くことと、コーチングが得意です。好きなものは、自然、海、温泉、動物、見知らぬ街。世界中を旅したい!
Return Top