1万円でサイト作ります

かたすHPサービス

海外での仕入れをサポートする通訳サービスのホームページを作成するにあたって

Q

  • 受注サイトとは別に、情報サイトを運用して集客することは可能か?
  • 開業、即、収益とは思っていないので、副業から始めたほうが良いか?
  • 類似の開業事例があるか?
  • サイト制作の進め方など、教えていただけますでしょうか?

A

「海外での仕入れ」に関するホームページの場合、通訳の受注サイト(集客サイト)としてだけでなく、情報提供サイトとしても作りやすい分野になりますし、奥様も通訳担当されるとのことで、例えば副業・兼業からスタートして、状況に応じて本格化させる形も取りやすいサービス内容と思います。

弊社の最近の事例ですが、同じように独立開業希望の方が、お住いの地域でのお土産購入代行サービスを立ちあげた所、競合がいなかったため、ホームページを立ち上げただけで問い合わせが来ました。ただ、これだけでは利益が少なく、お小遣い稼ぎ程度ですが、これを起点に観光ガイドなどサービスメニューを増やしていきたいそうです。

進め方ですが、まずは競合サイトや検索キーワードなどネット調査をした後に、「顧客ターゲットと顧客ニーズ」をもう一度明確化し、提供サービスの設計(サービスメニューのページ内容になる)を一緒に考えていきたいと思います。同時に、WordPressのインストール作業や初期設定など、こちらでできる作業は先に進めていきますが、サーバー契約と独自ドメイン取得(独自ドメインを利用する場合)は、直接契約して頂く必要があります。どのサーバーを利用するのかは、別途ご案内させていただきます。

大まかではありますが、手順は下記となります。

  1. 顧客のターゲットとニーズ、サービスの特徴をまとめた後、サイト名を考える
  2. メニュー構成と攻略キーワード(ロングテール)、お役立ち記事の内容を検討する
  3. サイト方針に合わせてサーバー契約(投稿数が多いか?複数サイト設置の可能性があるか?)
  4. サイトのデザインテーマの選択
  5. メニューページや記事の作成(写真などの素材準備も)

ABOUT THE AUTHOR

喜泉堂
キッズプログラミングの記事を担当している、当サイトの運営・管理人です。京都の町家に住んでいます。夫婦と息子(3歳)の三人暮らし。個人で3つのサイト運用をするかたわら、Webコンサルティングやコンテンツ作成アドバイスをしています。話を聴くことと、コーチングが得意です。好きなものは、自然、海、温泉、動物、見知らぬ街。世界中を旅したい!
Return Top