1万円でサイト作ります

かたすHPサービス

ネットで簡易なキーワード調査をする方法は?

「Googleアドワーズ」というキーワード広告出稿サービスの中にある「キーワードプランナー」というツールで、キーワードの月間検索ボリュームや、出稿されている広告の単価(1クリックあたりの最高値)などが調査できます。

また、Googleでキーワード検索した時に、ページの一番下に「関連キーワード」として表示されるものも、キーワード候補になります。これは、検索エンジンの「サジェスト」で表示されるキーワードになりますが、下記のツールで調べることが出来ます。

検索キーワードには、ネットユーザーの知りたいニーズがダイレクトに表れます。検索エンジンに対して、このホームページがどのような情報を扱っているのか分り易く示すため、このうちの2~3の単語をサイト名(トップページのタイトル)に入れるようしているサイトが多いと思いますが、その他の単語も、記事を書くときに考慮して書くと効果が出てきます。

また、Yahooのリアルタイム検索(あるいはツイッターの検索)で、調べたいキーワードなどを検索してみてください。ここでは、ツイッターでつぶやかれている『今』を見ることができます。仕入れに関して言うと、服や靴(アパレル)、化粧品(コスメ)、アクセサリー・ジュエリー・雑貨・子供服などが人気になるのかなと思いました。

次に、候補となる検索キーワードで表示される競合サイトを、いくつか見てみて下さい。気になるサイトや、興味をもったサイトがありますか?

これらの情報を頭のなかにインプットしてから、キーワード調査の次の作業として、顧客ターゲットを具体的にイメージしていくのが良いと思います。

ABOUT THE AUTHOR

喜泉堂
キッズプログラミングの記事を担当している、当サイトの運営・管理人です。京都の町家に住んでいます。夫婦と息子(3歳)の三人暮らし。個人で3つのサイト運用をするかたわら、Webコンサルティングやコンテンツ作成アドバイスをしています。話を聴くことと、コーチングが得意です。好きなものは、自然、海、温泉、動物、見知らぬ街。世界中を旅したい!
Return Top