1万円でサイト作ります

かたすHPサービス

受注サイトと情報サイトをダブル運用する相乗効果とドメインの決め方

情報サイトと受注サイトでは、通常は目的が違ってきますので別で考えることも多いのですが、もしも同じテーマで運営できる場合、コンテンツ計画においてサービスとの兼ね合いや相乗効果が得られないかなどアイデアがでてくるかもしれません。場合によっては、平行的に進めたほうがメリットがあるとも思います。

  • 受注サイト → コーヒー器具を販売するネットショップ
  • 情報サイト → コーヒー豆の種類や選び方、美味しいコーヒーの淹れ方、人気のカフェ情報、コーヒーに合うお菓子の紹介など

このような2つのサイトを構築する場合、キーワードも「コーヒー」で共通しているので、同じドメインで二つのサイトにするのが良いでしょう。SEO的に有利と思います。

  • 受注サイト http://◯◯◯.com/
  • 情報サイト http://◯◯◯.com/info/

この形だとひとつのサイトで作れそうな気もしますが、受注サイトに広告を入れるのはデメリットが大きく、またサイトの目的も違うため、WordPressは別にして2つサイトを用意した方がいいでしょう。投稿する記事内容も違ってきます。

受注サイトでは、スタッフの人柄を全面に出して、安心感・信頼感を出しつつ、コーヒー器具の有用性や特徴に関するお役立ち情報を書いていきます。

情報サイトでは、記事が役に立つがどうかか最重要で、誰が書いたかは二の次となります。テーマや読者層は予め決めますが、守備範囲を広く取って多くの人に読まれるようにします。

  • テーマ:コーヒーの関連情報
  • 読者層:コーヒーに興味のある全ての人

こんな感じでまず始めても大丈夫なくらいです。情報サイトの場合、「とにかく記事を書いてみる」から始めても良いと思います。ただし、サイトの内部SEO(分かりやすいサイト構造にする)は、最初にきちんとすべきです。

ABOUT THE AUTHOR

喜泉堂
キッズプログラミングの記事を担当している、当サイトの運営・管理人です。京都の町家に住んでいます。夫婦と息子(3歳)の三人暮らし。個人で3つのサイト運用をするかたわら、Webコンサルティングやコンテンツ作成アドバイスをしています。話を聴くことと、コーチングが得意です。好きなものは、自然、海、温泉、動物、見知らぬ街。世界中を旅したい!
Return Top