1万円でサイト作ります

かたすHPサービス

学力の経済学は、子どもの教育を考えるうえで最高の本!

素晴らしい本に出会いました!教育経済学者の中室牧子さんが書いた本、「学力」経済学。

アマゾンでも教育学の書籍でNo.1のベストセラーです。さっそくKindle版で読んでみました!

科学的根拠に基づいた教育本

先日のレビュー記事「幼児教育の経済学」で、教育者ではなく経済学者が書いた教育の本だと批判的な言い方をしましたが、この本に出会って、その考え方が180度変わりました!

正しい実験データを分析して、科学的根拠に基づいて因果関係を導き出すことで、教育効果を数値で弾き出す手法は、素晴らしい説得力です。

子どもの教育の話になると、大抵の人は、自らの経験や知人の事例などから得た知見を、自分の考えとして「主観的に」意見してしまうものです。
『本を読むのが効果的』とか『○○を習わせるといい』とか『褒めて長所を伸ばすのがいい』とか。。。
しかしこれらはすべて個別の事例であって、すべての子どもに当てはまるものなのかどうかは分かりません。

どんな子でも効果を発揮できる、再現性の認められる教育でなければ、意味がありません。

これには、より多くの公正な実験データを元に、『こうすればこうなる』という因果関係を科学的に導き出すことが必要です。

本当に価値ある教育は、どんな子でも効果が期待できる教育なのです。

どんな教育が効果的なのか?

この「学力の経済学」が「幼児教育の経済学」と違うのは、内容が濃い!ということです。様々なデータとその分析結果から得られる教育効果の因果関係が、惜しげも無く紹介されています。

  • 勉強に対するご褒美を子どもに与えるのは良くないのか?
  • 子どもは褒めて育てるのが本当に良いことなのか?
  • テレビやゲームは子どもに悪影響を与えているのか?
  • 子どもの学習に対して、親がどう関わるのが一番効果的なのか?
  • 悪友が子どもに与える影響は?
  • 何歳の子どもに教育投資するのが最も効果的なのか?
  • そもそも学力は本当にそんなに重要なことなのか?
  • しつけは子どもの将来の成功にどのように作用するのか?
  • 少人数学級の効果は?
  • 学力テストが意味している本当の真実とは?
  • 子どもに大きな影響を与える「良い先生」の育て方は?
  • 教育で子どもの貧困問題を解決するには?

これらの命題に対して、科学的根拠に基づいて因果関係を導き出し、具体的に『どうすればよいのか』を指南してくれる良書だと思います。

(最終更新:2015年7月8日)1415
5.0 rating

ABOUT THE AUTHOR

喜泉堂
キッズプログラミングの記事を担当している、当サイトの運営・管理人です。京都の町家に住んでいます。夫婦と息子(3歳)の三人暮らし。個人で3つのサイト運用をするかたわら、Webコンサルティングやコンテンツ作成アドバイスをしています。話を聴くことと、コーチングが得意です。好きなものは、自然、海、温泉、動物、見知らぬ街。世界中を旅したい!
Return Top