1万円でサイト作ります

かたすHPサービス

料理店は味がすべて!ネット集客で客は増やせる?

レストラン、カフェ、定食屋などの料理店は、極論を言うと「味」がすべてです。味が、もっとも重要なCSF(成功主要要因)なのです。

料理店の写真

味は抜群だけどサービスは悪い・・・というお店ならサービスには目をつむって食べに来るお客様はいるでしょう。
サービスは最高だけどマズイ・・・というお店は残念ながら・・・。

味が良いお店なら、次第にお客さんが付き、やっていけるようになります。
他の要因としてポイントが高いのは、立地条件だと思います。来店しやすいし、目立つ場所にお店があれば、それだけで広告効果が高いからです。

立地条件が悪くて広告費も無いというお店は、味が評判になるまでに時間がかかります。それまで持たずに閉店してしまわないように、売上が少ない時でもなんとかやり繰りしながら、地道な営業を続けていけば、チャンスがあると思います。

お金をかけない広告

お金をかけずに地道な営業というのは、ひとつは外回りです。お店の名刺をカウンターに置いてもらったり、自分の足でチラシを撒いたりすることです。リアルからの集客という言い方もできます。

そしてもうひとつはネット集客です。ツイッターで地元に住んでいる人と積極的にコミュニケーションをしていったり、Facebookでお客様とこまめにやり取りをしたり、ホームページでおすすめメニューや旬の食材を紹介したり、美味しそうな料理の写真を掲載するなどです。

客層によっては、活動の中心は、ホームページよりもソーシャルのほうが向いている場合も多いでしょう。開店当初は、少ない固定客に助けてもらいながら、なんとかやっていくことになるかもしれません。ソーシャルで繋がっている馴染客は、協力してくれる人も多いと思います。

「味が評判になって繁盛店になる」というパターンの場合、やはりソーシャル活用がポイントになるでしょう。口コミで評判が伝わっていくからです。

では、ネット検索からの来店は、見込めないのでしょうか?

遠方からくるお客様は、ネット検索でお店を探す?

食べログも「評判と口コミ」のシステムなので、ここではGoogle検索エンジンからのネット集客ということで話をすると、場所によっては効力があるかもしれません。
例えば観光地なら、観光先での食事をどこでするか、ネットで検索して探しておくケースも多いからです。初めての場所で友達とランチをする時に、ネットで下調べをするかもしれません。

つまり、「遠方からその場所へやってくる人が食事をする時に、ネットで料理店を探すかもしれない」ということです。

ということは、ピンポイントの地域名で検索された時に、上位表示されれば良いということになります。しかし、例えば「金閣寺 ランチ」「金閣寺 和食」といったキーワードで検索すると、上位表示されるのは食べログやぐるなび、旅行サイト、ランキングサイト、メディアサイトなどばかりです。これら大手サイトの上に行くことは、ちょっと困難と思います。

そこで、ホームページの役目としては、食べログやお店紹介サイトなどを経由してホームページに来てくれたお客様に、「食事するお店として選んでいただくこと」にまず注力すべきでしょう。

それは、「美味しそうな料理の写真と、魅力的な説明文章」に他なりません。

ネット集客で勝負する一品を決める!

では、独自ルートで、お客様をホームページに直接連れてくることは無理なのでしょうか?

お役立ち記事を書いてもムダ?・・・かというと、そうでもないと思います。

ただし、一捻り必要です。ネットで来てくれるお客様は、これまでのお客様とは別の客層にしなければならないと思います。

さきほどのように「地名 ランチ」「地名 和食」のようなキーワードでは、食べログや有名ホテルなどの大手サイトが上位表示されるため、個人経営の料理店が入り込める隙はなさそうです。

それでは「京都 水餃子」ではどうでしょうか?
やはり食べログが表示されますが、クリックしてみると、水餃子の店を探すのにあまり役立つ内容にはなっていませんし、その他はお店のレビューページです。いずれも大したページではありません。そして5位には、個人のお店が表示されています(2013年12月時点)。これなら十分、攻略可能でしょう。

「京都 水餃子 本場」「京都 本格水餃子」といったキーワードなら、1位を取るもの難しくありません。

もちろん、これらは多く検索されるキーワードではありません。でも、このような検索をした人は、もう水餃子がいま食べたくて食べたくて仕方がない人です。そして、本場の味を求めています。

このようなお客様は、ネットから集客できると思います。また、これは口コミ・評判対策にもなります。ソーシャルネットワークとも相性が良さそうです。「ここのランチ、美味しい!」という投稿よりも、「ここの水餃子は本場の味と変わらないくらい絶品!」という投稿のほうが、魅力的だからです。

つまり、料理店がホームページでネット集客を試みるなら、そのためのメニュー開発をして、その一品で勝負してみるのが良いと思います。

お役立ち記事も、書きやすくなります。水餃子のうんちく話をたくさん書いて投稿すれば良いからです。他には、京都や近くの観光地に関する記事などもさりげなく織り交ぜるとよいでしょう。

京都で、本場の水餃子を食べたいお客さんは、全部うちが貰ってくぜ!』というくらいの気合を入れて、商品開発とネット集客を頑張ってみましょう。

あれもこれも、と欲張らず、『この一品だけはどこに負けない!』という商品一つで、勝負をするのが良いと思います。

  • ネットと相性が良い顧客に好まれる料理は何か?
  • ネットで話題になりやすそうな料理は何か?
  • 自分の得意な料理の中で、何かメニュー開発できないか?

などを考慮に入れながら、ネット集客用の独自メニュー開発をするとよいでしょう。

 

【注意・免責事項】
この記事は、もし自分が料理店を開業してネット集客をするのなら、こうするだろうなという妄想アイデアの記事です。ご利用は自己責任でお願い致しますm(_ _)m

 

地域密着サービス業のネット集客については、「便利屋を開業してネット集客するなら 〜 地域密着サービス業のコンテンツマーケティング」の記事を御覧ください。
具体的なお役立ち記事の書き方として、ロングテールを狙う方法(地域名とサービス名を省略しない)などのポイントも紹介しています。上記便利業の記事が一番最初だったので、ここにノウハウをいろいろ詰め込んで書いてあります。

ABOUT THE AUTHOR

喜泉堂
キッズプログラミングの記事を担当している、当サイトの運営・管理人です。京都の町家に住んでいます。夫婦と息子(3歳)の三人暮らし。個人で3つのサイト運用をするかたわら、Webコンサルティングやコンテンツ作成アドバイスをしています。話を聴くことと、コーチングが得意です。好きなものは、自然、海、温泉、動物、見知らぬ街。世界中を旅したい!
Return Top