1万円でサイト作ります

かたすHPサービス

1−2.どうして島のホームページを作らないの?

ホームページで故郷島に集客しようと考えたら、普通は故郷島を魅力的に紹介するホームページを作成するでしょう。

でも、「故郷島」というキーワードで検索すれば、旅館や民宿や観光協会のホームページがたくさん見つかり、島の魅力を知るには十分です。そもそも「故郷島」で検索してくる人たちは、最初から故郷島に興味がある人たちですから、その人たちにいくらアピールしても、初めから来るべく人が来るだけです。新規顧客が増えるわけではないでしょう。

【指令】顧客ターゲットを特定せよ!

では、どのような人にホームページを見てもらい、故郷島に来てもらうようにすればいいのでしょうか?

故郷島へ来ようとまだ考えていない人や、故郷島のことをまだ知らない人たちに、新規のお客様になってもらうのです。つまり、「故郷島」と検索する以外の人で、島に来るお客様になってもらえそうな人にアプローチしなければなりません。その人たちにホームページへ来てもらって、故郷島をアピールする必要があるのです。

そこで「島のお客様は誰か?」という原点に戻って、お客様の属性を分析してみました。

  • 料理を食べに来る人
  • 海水浴に来る人
  • 釣りをしに来る人
  • 家族旅行で来る人
  • 忘年会で来る人
  • ぼーっとしに来る人

他にも色々とあるのですが、検討の結果、「釣船の釣り客」にターゲットを特定しました。釣り客だったら、”釣り船”と”民宿旅館”の両方の産業に利益がありますからね!

このように、顧客ターゲットは絞り込んだほうが集客を成功させやすいです。

ABOUT THE AUTHOR

喜泉堂
キッズプログラミングの記事を担当している、当サイトの運営・管理人です。京都の町家に住んでいます。夫婦と息子(3歳)の三人暮らし。個人で3つのサイト運用をするかたわら、Webコンサルティングやコンテンツ作成アドバイスをしています。話を聴くことと、コーチングが得意です。好きなものは、自然、海、温泉、動物、見知らぬ街。世界中を旅したい!
Return Top